ホーチミン市証券取引所がカバード・ワラントを開始

ホーチミン市証券取引所(HOSE)は6月28日、カバード・ワラント取引開始の式典を開催した。

式典での講演で、Huynh Quang Hai財務副大臣は商品の制作と法的枠組みの策定、市場取引者と投資家への準備など、ホーチミン市証券取引所 (HOSE)と関連部門の努力を称賛した。

彼は関係者に対し、市場が安定した形で運営され、投資家の利益が保護されるように引き続き緊密に協力し合うよう求めた。

国家証券委員会の委員長Tran Van Dungは、カバード・ワラントが国内外の投資家に受け入れられ、結果として資産が流入し、市場の流動性が高まることを期待していると語った。

HOSEの役人Le Hai Traは、カバード・ワラントの発行はHOSEおよびベトナムの株式市場の歴史において、重要な一里塚であると述べた。

彼は新商品が投資家に歓迎されるという信念を表明しながらも、カバード:ワラントがHOSEの成果となるだけでなく、市場取引者の成果にもなる付け加えた。