ホーチミン市で働くには

国際的企業を招き入れ、都市の近代化に貢献する、それがベトナムの経済の中心地、ホーチミン市が果たす役割です。故に多様で収益性の高い経済を生み出し、ホーチミン市に居住して働く多くの機会ももたらされます。

ホーチミン市での雇用

地域経済

ホーチミン市はベトナムの経済の中心地であり、同国経済の大きな部分を占めています。 観光は同市に多くのビジネスチャンスをもたらし、市の経済の半分以上はその関連サービスで占められています。その他の同市経済の構成は建設業が大半を占め、農業、林業、その他の小規模産業は2%未満です。

ホーチミン市での就職活動

ホーチミン市で仕事を探している日本人居住者は、さほど苦労せずとも日本語教師の仕事を見つけられます。これがエキサイティングで新しい文化を体験し、周辺地域を旅する機会を多く見つける一般的なやり方です。大卒資格を持っていれば、申請もスムーズに進みます。教師経験があれば、より多くの選択肢が提供されるでしょう。

日本語教師職はベトナムに行く前でもベトナム日本語教師.com(外部リンク)のような情報サイトで検索が可能です。エージェントを通すという選択肢もあります。ネット検索だけが方法では無いので注意してください。多くの場合、申請課程の1つとして、ビデオ面接(スカイプやラインなど)を受ける必要があります。 最高給の仕事は大学、または日本語学校での教職ですが、そのメリットは学生と同じ休日が取れることです。もう一つの選択肢は日本語集中トレーニングスクール(社会人向けの日本語学校や送り出し機関、日本語学習塾など)で働くことで、この仕事はいろいろな学校で教え、夜や週末の授業で教えることになります。

ホーチミン市での就労許可

雇用先が見つかったら労働許可証を入手しなくてはなりません。労働許可証を持たない外国人がホーチミン市内で働いていることが判明した場合は国外追放処分になります。ベトナム国内で申請可能ですが、入国後90日以内に行わなくてはなりません。より簡単な方法は雇用主の助けを借りて自国から申請することです。申請書はホーチミン市労働省の病人および社会問題担当者に送付する必要があります。許可証は全土で有効な労働許可証では無く、申請した働く都市にのみ適用されます。